日帰りの町歩き


   各項目へのジャンプ
  鎌倉
  銚子


以下、ミニ画像をクリックすれば、
拡大写真が表示されます


横浜 T (09.4.3)
=みなとみらい、山下公園=

千葉からは快速で時間ちょっとで行ける近さの横浜ですが、この近さが「いつでも行ける」という気持ちをもたらし、たまに行っても特定の場所だけに偏ってしまいます。そこで思い立ったのが、まだ野山を歩くには少し早過ぎる月のゴールデンウィーク前を利用して、横浜をくまなく歩くことです。

予定は次のように立てました。具体的な行動プランを詳細に組んだのはもちろんです。

 第
回は、みなとみらいから山下公
   園とその近辺の歴史地区を。
 第
回は、横浜港をシーバスで渡り
   異国情緒豊かな山手地区へ。
 第
回は、金沢文庫の称名寺から
   野島公園、足を延ばして金沢自
   然公園まで。
 第
回は、ベイブリッジのスカイウォ−
   クから市内に戻り三渓園へ。

天候もまあまあだったので、この予定通りに横浜を回り切ることができました。

桜木町〜ランドマークタワー
 みなとみらいの玄関口
 JR
根岸線桜木町駅
 動く歩道から
 みなとみらいのビル群
 太平洋の白鳥と呼ばれた
 昭和初期の帆船日本丸
 動く歩道から
 日本丸とビル群
 ランドマークタワ−から横浜
 ワールドポーターズ方面
 ランドマークタワ−から
 横浜港と横浜ベイブリッジ
 ランドマークタワ−から赤
 レンガ倉庫、大桟橋方面
 ランドマークタワ−から
 横浜駅方面
 ランドマークタワ−から
 整備中のみなとみらい北部
 ランドマークタワ−から
 霞む富士

ランドマークタワー〜赤レンガ倉庫
 ランドマークタワ−から
 本町通、横浜スタジアム
 ランドマークタワ−から
 野毛山、根岸、磯子方面
 ランドマークタワ−から
 桜木町駅と周辺のビル群
 ランドマークタワ−から
 本牧埠頭方面
 ランドマークタワ−から
 見下ろす帆船日本丸
 クイーンズスクエアから
 パシフィコ横浜
 パシフィコ横浜の回廊から
 見るぷかり桟橋
 臨港パークから見る
 横浜ベイブリッジ
 みなとみらいの
 海の玄関口 ぷかり桟橋
 国際橋付近から見る
 ランドマークタワー
 ワールドポーターズ付近
 から見る大観覧車
 ワールドポーターズ付近
 から見るパシフィコ横浜
 赤レンガ倉庫号館の全景
 100年近い歴史を誇る
 赤レンガ倉庫前の花壇
 ピア赤レンガ付近から大桟
 橋に停泊するクルーズ船
 ピア赤レンガ付近から
 海上保安庁の巡視船
 赤レンガ倉庫号館と
 聳えるランドマークタワー
 港横浜のシンボル
 赤レンガ倉庫
号館

汽車道〜大桟橋
 汽車道の手前から見る
 ランドマークタワー
 汽車道の手前から
 横浜ワールドポーターズ
 100年前の臨港鉄道跡
 汽車道の入口付近
 汽車道から見るクィーンズ
 スクエア、パシフィコ横浜
 汽車道の
 遊歩道わきに咲く桜
 汽車道から桜とビル群
 北仲橋から見る汽車道
 県立歴史博物館
 (旧横浜正金銀行)
 横浜の開港
 直後に造られた馬車道
 横浜地方裁判所
 横浜市開港記念会館と
 ジャックの塔
 キングと呼ばれた
 神奈川県庁本庁舎
 横浜港大桟橋の
 屋上ボードデッキ
 大桟橋そばの
 遊覧船発着所
 大桟橋の屋上デッキから
 みなとみらいと赤レンガ倉庫
 大桟橋の屋上デッキから
 海上保安庁の巡視船 
 大桟橋の屋上デッキから
 遙かな横浜ベイブリッジ
 大桟橋の屋上デッキから
 氷川丸
 大桟橋の屋上デッキから
 マリンタワー方面

山下公園〜横浜中華街
 山下公園から見る
 横浜ベイブリッジ
 山下公園から見るかつての
 太平洋航路の花形氷川丸 
 山下公園から見る
 みなとみらいのビル群
 山下公園から見るマリンタ
 ワーとホテルニューグランド 
 山下公園の童謡の歌碑
 ”かもめの水兵さん”
 氷川丸の船尾部
 世界各国の人形を展示
 している横浜人形の家
 横浜中華街朝陽門(東門)
 横浜中華街善隣門
 横浜中華街関帝廟
 横浜中華街
 関帝廟の拝殿
 中華街大通り
 薄暮の氷川丸
 夕暮れの山下公園から
 みなとみらい地区

初回だけは混雑を避けるため平日を選び、近未来の町並みが続くみなとみらいとその近辺から、少し先まで足を延ばしてみました。週末は人並みでごった返すであろうランドマークタワーあたりも閑散としていて、ゆっくり眺めを楽しめました。

歴史を秘める赤レンガ倉庫や汽車道もいい雰囲気ですが、大桟橋の屋上デッキからは遮るものなく周囲が見渡せていい気分に浸ることができました。
ページトップへ


鎌倉
 06.12.2
 駆け込み寺、縁切り寺として
 有名な東慶寺の紅葉
 東慶寺の鐘楼
 北条時宗が創建した
 臨済宗円覚寺の山門
 禅宗文化を今に伝える
 円覚寺の境内の大イチョウ
 円覚寺
 佛日庵付近の彩り
 北条宗政の菩提寺
 浄智寺の門前
 アジサイで有名な
 明月院の山門
 明月院の
 枯山水庭園
 明月院の方丈
 明月院方丈の
 丸窓を通して見る風景
 明月院開山堂
 明月院のつるべの井
 鎌倉最大の規模を誇る
 明月院のやぐら
 明月院
 北条時頼の廟所
 北条時頼が創建した
 臨済宗建長寺の山門
 建長寺の梵鐘
 建長寺仏殿
 武家政権の表舞台と
 なった鶴岡八幡宮本宮
 樹齢1000年の大木
 実朝暗殺の歴史を秘める
 鶴岡八幡宮の大銀杏
 鶴岡八幡宮の舞殿
 鶴岡八幡宮の太鼓橋
 源氏にちなんだ白蓮が
 植えられた源氏池
 平氏にちなんだ紅蓮が
 植えられた平家池
 
 神の道として頼朝が築いた
 桜の名所段葛の通り
 若宮大路二の鳥居と
 段葛の通り
 浄土宗の古刹
 長谷寺(長谷観音)の門前
 長谷寺地蔵堂前の
 紅葉と黄葉
 長谷寺
 地蔵堂前の卍池
 長谷寺地蔵堂
 長谷寺本堂
 長谷寺の鐘楼
 大仏を仰ぎ見る群衆
 16.2.10
   JR鎌倉駅西口前の
 時計台   
   銭洗弁天入口の鳥居と
 洞窟のトンネル   
   銭洗弁天の
 洞窟に集う人々
   銭洗弁天の
 池とヒシャク 
   佐助稲荷の入口  
   佐助稲荷へと続く
 赤い鳥居のトンネル   
   佐助稲荷に飾られた
 狐の群 
   延々と続く赤い鳥居を
 見下ろす 

        06.12.2
快晴に誘われ
JRのホリディパスを利用して鎌倉に出掛けました。遅く出たので北鎌倉到着が11時を過ぎ、先ず昼食をといつもの精進料理店に急いだら何と廃業して今は福祉施設!ほかには適当な所がなくそのまま東慶寺〜円覚寺〜浄智寺〜明月院〜建長寺〜鶴岡八幡宮と回りました。その間食べたのはちょっとしたお団子だけなので、さすがに腹ペコになりました。

その後は江ノ電で長谷に行き、長谷寺から高徳院を経て戻る頃はもう薄暗く、藤沢ではニュースでも取り上げられた椋鳥(?)の大群の大合奏ならぬ大合騒を聞かされ、横浜でゆっくり食事をしてから帰路につきました。

鎌倉は快速一本で行けるので身近ですが、私のように二本の脚で歩き回る人間には、車の洪水が吐き出す毒ガスに長時間さらされるのがとても苦痛です。

このときは健在だった鶴岡八幡宮の大銀杏がその後倒れてしまったのは残念なことです。
 
       16.2.10
ちょっとした用事で鎌倉に来たついでに、まだ写真のない場所に行ってみました。
ページトップへ


銚子 (05.12.10)
 JR銚子駅に間借りする
 銚子電鉄銚子駅
 銚子駅で発車を待つ
 銚子電鉄の車両
 銚子電鉄の
 地方色豊かな車内風景
 陽光を浴びながら
 君ヶ浜に遊ぶ海鳥たち
 日光が照り返す海面
 君ヶ浜遊歩道から望む
 犬吠埼灯台
 君ヶ浜の遊歩道から
 打ち寄せる波
 快晴の空に映える
 白亜の犬吠埼灯台
 犬吠埼の突端に
 激しく打ち寄せる波
 太平洋に突き出た
 犬吠埼の断崖
 犬吠埼灯台から
 直下に砕ける波
 古い車両も陳列された
 銚子電鉄犬吠駅
 地球が丸く見える丘前の
 竹久夢二の歌碑
 地球が丸く見える丘から
 屏風ヶ浦の断崖
 展望台から望む
 犬吠埼灯台
 澪つくしの舞台だった
 銚子電鉄外川駅
 外川駅に設置された
 
TV小説「澪つくし」の解説

銚子は言わずと知れた全国屈指の漁港、そしてヤマサ醤油の本拠です。初冬の一日、この町をゆっくり歩こうと思い立ち、銚子電鉄に乗ることも楽しみに出掛けました。冬の日としては暖かい日差しの中、浜辺や野道をのんびりとぶらつき、久しぶりの犬吠埼灯台にも登って丸く見える水平線を眺めました。

一つだけ気がかりなのは、最近話題になっている銚子電鉄の廃止問題です。歴史ある路線なので、何とかして存続することを願っています。それに、戦前は県内で千葉市に次ぐ人口を誇っていた銚子市が少しずつ衰退しているのを知ると、たいへん残念です。
ページトップへ