無名人の独り言・メールコーナー

このページには、私が日頃思うことを
随時書きたいと思います。
  
各項目へ     無名人の独り言 55 (日本人が忘れてはならない歴史的事実) 
   無名人の独り言 53 (人間社会の劣化を思わせるモラル低下)
  無名人の独り言 別項 (日々の出来事について思い付くままに) 
無名人の独り言 49 (罰当たりの単細胞が問う不可解な慣習)
無名人の独り言 25 (戦争とは無縁と思い込んでいる人々に)
   以下の項目は常時掲載します。
       @ 私が生きてきた時代(戦前・戦中・戦後)
       A 私のホームページ作り            
        B 人生の終末期を迎えて・私の実践  
    メールコーナー (感想・意見をどうぞ) 


※ わざわざ「無名人」としたのは、有名人の言動にのみ過度に反応する世の風潮への大きな疑問からです。


この項を書く気力が乏しくなりました。申し訳ありませんが、しばらくお休みさせて頂きます。



 無名人の独り言 55  (日本人が忘れてはならない歴史的事実)     (2018.8.1 再掲)    
                                                      

月と聞いて私の脳裏に必ず浮かぶのは日、日、そして15です。これらの日がどんな歴史を刻んだ日なのか日本人なら知っていて当然なのですが、現実は決してそうではないようです。一昨年行われた街頭インタビューでも満足な答えはほとんど返ってこなかったことを記憶しています。戦争体験者が年々減る上に、核家族化で悲惨な体験をした者が若い世代(子や孫)に話す機会も減っている現状では無理からぬこととも思いますが、これでいいのでしょうか?その上学校も夏休み、最近は登校日すらほとんどなくなりこれらの日の意義などが話されることは期待できません。高校野球など華やかで楽しいスポーツイベントの集中もそれに拍車を掛けています。たださえ深刻な話題から遠ざかりたがる傾向が強い日本人は、こうして過去の歴史的事実から目をそむけていくことになってしまいます。冒頭に述べた日付は順に広島への原爆投下、長崎への原爆投下、そして太平洋戦争の終戦(敗戦)記念日です。どれもみな国土の壊滅的な破壊に深く関わる事柄で、日本人がきちんと考えてみなければならない日付なのです。ところが、前記のような状況の下で年とともに忘れ去られ、最近は日本がアメリカと戦ったことすら知らない若者が増えてきました。社会科の時間に習ったはずなのにです。

もちろん「(日頃の生活に密着する事柄を除けば)日が経つとともに忘れていく」という人間の記憶の特性もありますが、敗戦と同時に当時のリーダーたちは「実際に戦争を起こしたのは政治を握っていた人々」であることをまるで「戦争を望んでいたのは国民」であるかのように巧妙にすり替え、「一億総懺悔(ざんげ)」という標語まがいの言い回しで自分たちの責任を薄めるように画策したのです。そのため、敗戦後のかなり長い間にわたり、天皇の名で戦場に駆り出されたり様々な形で戦争への協力を強いられた人々は固く口を閉ざし続け、次の世代に言い伝えるべき戦争に関する重要な体験を自らの胸に深くしまい込んでしまいました。今世紀に入る頃から彼らも重い口を開くようになりましたが、「時既に遅し」で何を話しても戦争を経験しなかった世代からは「そんな昔のことは関係ない」と一笑に付される傾向が強かったのです。この半世紀のブランクの大きさが歌の文句ではありませんが「戦争を知らない子どもたち」を大量に生み出し、今では中年以下の大人でさえ「戦争なんて別世界のことで我々には関係ないよ」という意識が目立ちます。

同じことは東北の大震災や恐らく熊本地震や最近頻発している西日本各地の豪雨災害にも言えます。このような自然災害が起きた直後には、人々はほとんど例外なくその大きさに驚き被災者が置かれた厳しい立場に思いを寄せ、何らかの形で被災者のために尽くそうと行動を起こしたりします。しかし、時が経つにつれてそのような思いは薄れ、アッという間に何でもない普通の日常生活を根底から破壊され、生活再建への見通しすら立てられない人々が今も多数存在していることすら念頭から消え去ってしまうのです。そうして、先進国中最大の財政赤字(主因は自民党による長年のバラマキ行政)を抱えながら、先の見通しもない箱物造りに貴重な税金を湯水のように費やすカネまみれで腐敗したオリンピックに浮かれているのが、お人好しの日本人なのです。

福島第一原発の事故に関してはもっと遙かにひどい状況があります。先ず、原発そのものの現状は報道されているだけでも全く先の見えない有様ですが、そのようなことすら他の地域でのほほんと暮らしている人々は理解どころか意識すらしていないような気がします。汚染水の処理で右往左往しているのはまだましな方で、溶け落ちた核燃料の取り出しなど果たして可能なのかどうか今の段階ではお先真っ暗です。仮に取り出せてもその後どうなるのか予想すらできません。福島の産物は単に福島産というだけで基準値以下の安全なものまでも他の地域の人々によって敬遠され、経営面で苦しみ生活が成り立たなくなった生産者も少なくありません。住み慣れた故郷をあとに避難を強いられて家族がバラバラになったり友人知人との交流も途絶えた人々、過酷な避難生活に疲れ果てて命を失った関連死の高齢者たち、皆かつては平穏で温かい人間関係に包まれて心豊かに暮らしていたのです。原子力規制(推進)委員会が川内を皮切りに原発再稼働を進めたり40年ルールを反故にして古い原発の稼働を企てるとき、このような福島の実情を少しでも気に留めているとはとても思えません。

エネルギー源としてどれほど効率的だとしても、人間が制御できない原子力のような代物を取り入れたのは大きな間違いだったと思うのです。原子力のお世話にならないために生活がある程度不便になったとしてもそれは必ずしも悪いことではなく、過度の安楽に慣れて怠惰になりつつある人間の活力維持の観点から言えばマイナスとは限らないと思うのです。

ところで、
独裁者が周囲を「事なかれ主義者」や「シンパ」で固め、メディアに政権批判をさせないように画策するのはそのまま戦前の軍部のやり方のコピーです。飛躍的に発達したインターネットとスマートフォンなどの携帯機器を巧妙に使えば事実を隠して都合のよい情報を瞬間的に広めるのは至極簡単ですし、政権などがその意図に沿って人々を特定の方向に導くのも簡単にできます。それだけに、むしろ戦前よりも国民を思うがままに操縦していき易くなっているとさえ言えるのです。

人間が生きていく中で忘れても構わないことと絶対に忘れてはいけないことは人それぞれ違いますが、
ここに述べたような事柄は誰もが意識しておく必要があるように思います。身の回りのことだけに気を取られていると、ある日突然思ってもみなかった事態に陥って慌てふためくことになるかも知れません。生きていく中では忘れ去ってはならない事柄もあることを認識しなければと思うのです。

                                                  
上記のように、日は人類史上初めて人間が同じ人間の上に原子爆弾(原爆)を落とした日です。私は翌日の新聞紙上に載せられた「広島に新型爆弾」という見出しを現在でもよく覚えています。よく晴れた朝の広島上空にB29が現れて発のウラニウム爆弾を投下してから数十秒後、空高く「キノコ雲」が立ちのぼると同時に数千度の熱線と強烈な爆風が市民を襲い、鉄筋コンクリート製も含めて市内の建物のほとんどは破壊され多くの人々が瞬時に焼き殺されたのです。辛うじて生き残った人々も強い放射線の影響で次々に命を失ったり、後遺症による長年の苦しみを強いられました。平和記念資料館の展示からその状況がある程度は分かりますが、実際の姿は遙かに悲惨なものだったのです。聞くところによると展示物から残虐さが目立つものを撤去する動きがあるそうですが、原爆の残虐さを僅かでも知らせる必要性からも容認できないことです。私は山陽路の旅ではプランの中に必ず広島を含めて原爆関係の施設を訪れました(長崎でも)。記憶の風化を少しでも遅らせる意味から、小学生は無理としても中学生や高校生はせめて一度は広島を訪れて原爆の実態に触れて欲しいものです。

このような
残虐極まる兵器を平然と使用したアメリカでは、今なお人々が原爆というものの本当の怖ろしさを知らずに「原爆投下は戦争を早く終わらせるために必要だった」という認識が一般的になっています。形ばかりの人道主義を唱えている以上原爆の非人道性を認めては困るのです。アメリカの大統領としては珍しく人間味と良識を具えたオバマ氏が国内に根強い反対を抱えながら広島の平和記念式典に参列したのは、本当に勇気ある行動でした。

しかし、
核爆弾保有国は非保有国に対する歪んだ優越感を共有するとともに互いの「恐怖の均衡」を根拠に核を手放そうとせず、最近成立した核兵器禁止条約にもそっぽを向いています。あまつさえ、日頃から「唯一の被爆国」と称してきた日本は、アメリカの核の傘に守られていることを理由に人類の未来にとって不可欠なこの核兵器禁止条約に反対の立場を取っています。飼い犬の悲しさとはいえ情けないことです。

昨年の
平和記念式典では、松井広島市長が格調高く充実した内容の宣言を行いましたが、その中で「日本政府は憲法が掲げる平和主義を体現するため核保有国と非保有国の橋渡しに本気で取り組んで欲しい」と述べました。憲法違反の行為を次々に強行してきた独裁者はこれをどう聞き取ったのでしょうか?その後に行われた彼の挨拶は味も素っ気もなく一向に誠実さが見えず、その上「原爆(ゲンバク)」と言うべき箇所を二度続けて「ゲンパツ」と言ってのけたのです。盟友である麻生氏の“読み方知らず”がうつったのかも知れませんが、録画を何度聞き直してみても明らかに「ゲンパツ」でした。原発の再稼働によほど気を取られていたのでしょうが、平和主義と真逆の行為を続けてきた彼がこの式典の持つ重要な意義にまともに向き合っているとは思えず、恐らく「心ここにあらず」だったのでしょう。あるいは官僚(多分お気に入りの内閣府のメンバー)が作成した間違った原稿をそのまま読んだのかも知れません。

                                                 
また、日は発目の原爆が長崎に投下された日ですが、同じく昨年の平和祈念式典で田上市長は核兵器禁止条約に対する日本政府の対応への怒りを強い口調で表明しました。至極当然のことだと思います。更に、被爆者団体は会見に臨んだ独裁者にこの条約への対応に関して「あなたはどこの国の総理か?」と詰め寄ったそうです。もちろん、アメリカに忠誠を誓う彼が禁止条約を容認したりすることは考えられません。

最近のニュースによると、
アメリカ空軍が既に戦力をほぼ失った当時の日本に連日の激しい空襲を行った際、国際法に違反する一般市民の虐殺を第一の目標としていた証拠となる克明な文書が、アメリカ公文書館で発見されました。何と、アメリカ軍の内部で当時の空軍が軽視されていたことへの反発が、このような行為に至った主な理由だったそうです。象徴的なのは10日の東京下町への空襲ですが、木造家屋の密集地帯に雨あられのように黄燐焼夷弾をばらまいて数知れぬ老若男女を焼き殺したのは、違法であるだけでなく悪魔にも等しい所業でした。知っての通り、ベトナムでは無差別に枯れ葉剤を全土にばらまいて罪のない住民をゴキブリ扱いし、イラクやアフガニスタンでも軍事施設を狙ったはずの爆撃で一般市民に多大の犠牲を強いるなど、アメリカ人の心に巣くう他民族(特に有色人種)への差別感はぬぐいがたいものがあります。

 
ページトップへ



無名人の独り言 53  (人間社会の劣化を思わせるモラルの低下)  (2018.7.15 記)  

もう政治がらみの出来事からは離れようと思いながら、つい諦め切れずにまた書いてしまうのが私の悪いクセ!(杉下右京のクセがうつったかも?)なぜって、あまりにもひどい最近の日本でしょう?何も気にしないで過ごせればいいけれど、子や孫たちが生きていかなければならないこれからの日本がこんな状態では、安心して消え去ることもできませんよ!

何と言っても
一番の問題は、非正規という名の「いかにも働き方を自由に選べるようなシステム…実際は企業が働く者を自由に切り捨てられるシステム」を導入したことによって若者の多くが将来に希望を持てない立場に置かれていること、人生設計どころか目前の日々の生活さえままならない状況を作りだしたこの国の政治、それに加えて更に高プロとかいう過労死を増やしかねない曖昧な制度も怪しげな姿を現しました。一方で大企業は多額の黒字でも平然と内部留保で懐を肥やし、実際にそれに貢献している働く人々には雀の涙ほどの施しでお茶を濁す状況が続いています。傘下の中小企業に対する支配の仕組みに至っては相変わらずの傲慢極まるものです。

「日本製なら大丈夫」との
絶対的な信頼で世界から高く評価されていたご自慢のものづくりにも陰がさし、今や世界に名を知られた大企業までがスキを見てはデータ改ざんなど会社ぐるみの犯罪に手を染めて一挙に信頼を失う愚かな姿をさらし、戦後長い年月をかけて先輩たちが血と汗の結晶によって築いてきた日本のものづくりへの信頼という、目に見えない貴重な財産を無残にも奈落の底まで陥れ兼ねない状況を招いています。目先の利益に目がくらみ、子どもの盗み食い同様僅かずつ悪事の深さを増していった結果、気付いたときは予想以上に大幅な違反で隠し通せなくなったのでしょう。こうした企みに企業のリーダーたるべき人物が関わっている例が決して少なくないことは、やはり彼らのモラル意識に大きな問題がある訳で、そのような人物に率いられた一般の従業員こそ最大の被害者ということになります。

彼らに見るように、
「尻尾をつかまれなければ何をしてもいい」「法律の網の隙間をうまくくぐるのが上手な生き方」という姿勢がありありと見られる企業や個人も増えつつあり「特殊詐欺」という名の警戒心を欠く高齢者を獲物にする新たな業界は笑いが止まらない状況です。一般の人々の中にも漠然とした不満が蓄積しているためか、小さなことで暴発し易く予想外の結果を招く場合も増えてきました。日常生活の中での小さな約束事や不文律などは容赦なく踏みにじられる場面が目立ち、堤防に開いた僅かな穴が大洪水のきっかけになるのと同じく、モラルの崩壊の到来がさほど遠くないことを思わせる昨今です。

形の上では最高の地位にいるはずのあの男が散々繰り返してきた身勝手な振る舞いの影響が、多くの組織の上に立つ人間の意識に潜在的に影響しているように思えてなりません。絶対少数の野党による質問や批判ははぐらかし、官僚作成の原稿を棒読みしたり自説を蕩々と述べて決して真摯に答えず、多くの疑惑に正面から向き合おうという姿勢は全くありません。これがそのまま企業や官僚の上層部の人間に伝染して、中央でも地方でも少なからぬリーダーたちの非行を引き起こしています。

国でも地方でも
頻繁に起きるようになったモラル不在の現象を見せつけられる人々も当然その影響を無意識に受けている訳で、「彼らがあのようなことをするのだから、少しぐらいは構わないだろう」と思いたくなっても不思議はありません。「国民のための政治」でなく自らの立場を守りお友だちを厚遇することを優先するあのような男が全能の神気取りで居座っている限り、この国は「正直者がバカを見る世の中」から永久に脱却できないような気がします。 

ページトップへ



無名人の独り言 49  (罰当たりの単細胞が再び問う不可解な慣習)   (2018.3.6 追記) 
再び、現代社会に根強く残る不可思議なもの、干支(エト)に関して
                                               
日本人の多くは政治についての話題を避けたがり、また理屈をこねる人間は嫌われたり煙たがられたりしがちです。自分の考えを押し殺して周りに合わせることが何よりの美徳で、それができない人間は子どもの世界でも組織など大人の世界でも孤立することになり易く、それが学校や職場でのイジメを生み出します。困ったことに私は孤立を恐れる気持ちを全く持ち合わせず、不正や理屈に合わないことには徹底的に抵抗する偏屈な人間なのです。この項はそうしたことを前提として読んで頂きたいと思います。

さて、以前の私は
毎年晩秋になると翌年のカレンダー選びに苦労させられました。その最大の理由はほとんどのカレンダーに友引、仏滅、大安・・・などの「六曜」が記入されていることでした。このような「全く根拠のない怪しげなものが大手を振ってまかり通っている」ことが、私には我慢ならないのです。調べてみるとそれぞれに吉凶や運勢などの特性が示されていて、特に年配者にはそのことを強く意識する人も多いとか・・・。数年前にようやくそのような記述のない山と渓谷社のカレンダーを見つけてからは探し回る苦労もなくなりました。素晴らしい山の写真で構成されたこのカレンダーには、六曜が記入されていないだけでなくもう一つ私が関わりたくない年号(元号)も書かれていないので、毎年このカレンダーを購入し部屋に飾って大好きな山の風景を楽しんでいます。カレンダーは一年間を通して使うものなのでこのようにこだわるのです。

年末から散々聞かされた「来年(2018年)は戌(イヌ)年」という言葉も、私には「2020年の東京オリンピック」同様耳障りでならない言葉
です。古代中国由来の干支が長年にわたって暦や時間、方角などを表す方法として用いられてきたことはよく知っています。今ではほとんどいないと思いますが、以前は年齢を生年の数字ではなく「申年生まれ」などと干支で言う老人も少なくありませんでした。TVなどで普段筋道立った議論を展開しているコメンテイターまでが「来年はイヌ年で・・・」などと浮かれている姿を見ると、本当に不思議でなりません。

確かに「正午」、「端午の節句」、「土用の丑の日」をはじめとして各地の行事の名称などに干支に関わる表現が使われている場合は少なくありませんが、
遙か昔の中国で干支一つ一つに根拠もなく与えられた意味や役割をさも真実であるかのように用いるのは、宇宙ロケットが飛ぶ現代に生きる者としてはどうかと思います。私がエトに反感を持ったきっかけは、戦時中の疎開先で昔風に言えば「丙午生まれ」の母を「ひのえうま生まれの女は・・・・」と陰口されたことからです。こうした迷信は中々なくなるものではなく、つい最近でも、ひのえうまの年には出生数が少なくなったという信じがたい事実があったようです。

私はTVドラマ「科捜研」の榊マリ子のように
科学万能などとは全く考えていませんが、それでも著しく合理性を欠く物事には非常に抵抗があるのです。「友引に葬儀を行うと知人の死を招く」とか、「仏滅は最も凶、大安は最も吉」など、明白な根拠などどこにもないことは少し考えれば分かることです。これらには統計的な事実すら全くなくつまらぬ迷信に過ぎないのです。無風快晴の日が何事にも最適であり、烈しい風雪に見舞われれば最悪というのが誰もが普通に感じることでしょう。干支(エト)は、まだ科学の目の乏しかった時代に、何とかして自然界の事物や現象を一見理路整然と(思える)ように構成しようともがいた易学者などが苦しまぎれにこじつけて考え出したもので、詰まるところ今では歴史的遺物に過ぎず事実とは一致するはずがないことは明らかです。「○○さんは申年生まれだから・・・・」などと生まれた年で性格を決めつける愚かさは同じ年齢でも人の性格が様々であることを思えば簡単に分かることです。

遠い昔は身の周りに起こる物事全てに対して神秘性を感じていた人類が、中世以降徐々に科学に通じる目でそれらを見るように
なり、現在では宇宙の構造から物質を構成する素粒子、生物の組織の多様な機能に至るまで知るようになりました。AIの進化はとどまるところを知らずやがては人間の分野まで席巻しかねない水準にまで達しようとしています。しかし、それでもなお科学で解明されたものは自然界の事物や現象のほんの一部に過ぎないと私は考えています。人間が持っている能力の高さには計り知れないものがありますが、それでも自然科学の成果は大自然に内在するものと比較すれば大海と芥子(ケシ)粒のようなものです。

とはいえ、やはり現代の科学技術は相当なものであり、人間の生活を画期的に変化させた功績は認めざるを得ません。このような現状の一方で、
まるで化石のような凝り固まった認識がいまだに通用していることが私には納得できないのです。午前午後のような使い慣れた言葉をそのまま用いるのは一向に構いませんが、遙かな過去に干支に割り振られた「事実とは無関係な怪しげな意味」を信じ込み、それに縛られて右往左往する時代錯誤の現象にはただ呆れ返るばかりです。

干支とも関係ありますが、
「縁起がいい」「縁起が悪い」という区別も私には不可解な言い回しです。単なる思い込みか昔からの言い伝えに過ぎないのではないでしょうか?実はへそ曲がりの私には妙なクセがあり、わざと人々が避けたがる数字を選ぶのです。子どもの頃に銭湯で選んだ下足入れは4番か44番でしたし、大人になってからもずっとそのような世間で「不吉な数字」と思われている数字に抵抗を感じたことは全くありません。単に発音がたまたま同じだからといって4が死に通じるなど有り得ないことは誰でも知っているはずなのに、なぜこだわるのでしょうか?もし本当に4が不幸をもたらす数字なら、なぜ子どもの頃に超虚弱だった私が90歳近い現在でも他の高齢者よりずっと元気で生きているのでしょうか?

ついでですが、私は新年の挨拶状をずっと自分自身の近況報告として書いてきました。一応冒頭には「新年おめでとう・・・」と書きますが、あとは過ぎ去った一年間の自らに関する出来事と政治や社会への思いを簡単にまとめ、形式的で無意味とも思える決まり文句は絶対に書きません。更に、ほとんどの人がこだわる干支関係の言葉や絵は決して使わず代わりに旅先で撮った写真を1,2枚添えます。150〜200枚の手書きはとても不可能なため、近況報告を印刷したあと数行のコメントを添えることで許してもらうことにしています。元号には非常な抵抗があるため、世界暦(いわゆる西暦)限定です。

不愉快極まる元号使用の押しつけ 

希望に満ち溢れ学問への道を目指して頑張っていた
若い私に突然襲いかかった悪夢、それがあの無謀極まる戦争でした。疎開先での言いしれぬ苦しみに始まるその後の不本意な数十年は、国に対する激しい怒りを胸に秘めながらも精一杯自分流を押し通すことで乗り切ってきたのです。それだけに、末期高齢者となった現在も無為に時を過ごすことなど勿体なくてできません。

このような経験を持つ身には、「昭和」という時代は決して懐かしむことだけでは済まない時代です。確かに昭和の頃は人々のつながりは現在とは比べものにならないほど濃いものでしたし、お互いを思いやり助け合う温かい気持ちをほとんどの人が持ち合わせていました。もちろん、いつの世もそうであるように中には巧妙に世を渡る術に長けている人々もいましたが、全体的にみれば戦後ならば美談として語られる程度のことは当たり前に行われていたのです。

しかしその反面、
世界の列強に伍していくことを唯一の目的としていた軍部は年々その力を強め、政治への影響力を増大させてついには無謀な戦争に国民を巻き込んでしまいました。この戦争は
310万人の命を奪っただけでなく、生き残った人々の人生をも大きく狂わせ、その後の生活の悲惨さは戦後派の人々には到底想像することさえできないものでした。

このような歴史的背景を考えるとき、私には昭和をただ懐かしむ気にはとてもなれないのです。確かに子どもの頃の一時期には忘れ得ぬ楽しい思い出もありますが、十代の後半から30代の半ばまでに味わった心身の苦しみは忘れようとしてもとても忘れられるものではありません。

私は日頃から元号を使用せずいわゆる西暦(事実上の世界暦)に限定しています。しかし、残念ながら公文書等では元号に限定されている場合があり、やむを得ず不愉快な思いをしながらそれに従います。私が元号というものに対して強い反発を感じる理由は、決して昭和の時代に対する辛い思い出だけではないので、またまた人々が最も嫌う理屈を言わなければなりません。

戦前の日本は神(現人神=アラヒトガミ)である天皇の治める国であり国民は全て天皇の赤子(セキシ)とされていましたが、現在は憲法で規定されている通り主権在民の国へと180°転換をしています。つまり、日本の国は天皇ではなく国民が主権を持ち、選挙で選んだ国会議員に国の運営を代行させている訳です。私が問題にしたいのは、このような国家体制の激変にもかかわらずなぜ明治以来の天皇中心国家を象徴する元号制度をそのまま踏襲しているのかということです。

元号は極端な言い方をすれば天皇家の暦です。このことから考えても、元号の使用を国民に強制するのは不合理としか思えません。国の機関では公文書は元号による表記と決められているようですが、納得がいきません。

いわゆる
西暦は現在では世界のほとんどの国々で通用する表記になっています。たとえその起源がキリスト教であっても、このように国際化が進行した現在では明らかに「世界暦」の立場を獲得していると言えます。まさか今の世で「西暦は毛唐の暦だから気にいらん!」などとのたまう石頭はいないでしょうが、国内だけでしか通用しない暦よりは広く世界で通用する暦の方が良いに決まっています。換算が面倒・・・というのは二次的な問題であり、主権者が国民であるという点からみて元号優先は間違っていると言いたいのです。

最近の紙上に新元号選定の問題が載っていました。その手続きの煩雑さはなるほどと思わせますが、やはり元号の起源は古代中国で「皇帝が時を支配する」という思想のもとで使われ、日本では「天皇中心の国造りを進める象徴」との意味合いがあったとされています。
世論調査によると日本人の75%は元号に抵抗がないようですが、ある種の郷愁も関係しているのかも知れません。あまり先のない私ですが、これからも元号にはできるだけ距離を置いていきます。

 
ページトップへ



  無名人の独り言 25  (戦争とは無縁と思い込んでいる戦後派の人々に)
                                                   (常時掲載) 
                                                            
ゲームや映画では見ていても実際に戦争を経験していない人々には、私がなぜこのように安倍政権を危険視するか中々分からないと思います。そこで、いくつか述べてみることにします。

  
ここに注目!!

 @ 
戦争は一般の人々が起こすのではなく、例外なく時の権力者の主導によって引き起こされるのです。
 A 
戦争はいきなり起こるものではなく、必ずかすかな前兆から始まり徐々に確かな形になっていくのです。
 B 
情報を隠したり積極的に人々に伝えようとしなくなるのは、やがて戦争へとつながる危険な兆候です。
 C 一旦
戦争が起きてしまえば人々は否応なく巻き込まれ、反対や抵抗は事実上不可能となります。
 D 
戦争で犠牲になるのは常に一般の人々で、自由は剥奪されて権力者の道具とされます。
 

このように書いても、
戦後の平和憲法下でぬくぬくと(失礼!でも事実!)生きてきた人々は「まさか戦争なんて!」と一笑に付してしまうかも知れません。あの国会前での抗議集会のときにも「戦争なんて起こる筈がないのに、何を大げさに騒いでいるんだ!」という意見の人が少なくありませんでした。デモ行進をしてもそれに共鳴する雰囲気はあまり感じられず、見方によっては冷ややかとも受け取れました。

しかし、多くの知識人や憲法学者、元自民党の有力者たちまでがこぞって反対した集団的自衛権容認を突破口とする
安倍一派のやり口には、太平洋戦争の経験者の目には戦前の日本を彷彿とさせるものがあるのです。国民の目と耳をふさいで物事の真実を知られないようにしておき、その裏でどんどんと戦争への道を進めていったのが当時の軍部が事実上独占していた政府です。国の動きに少しでも疑問を抱く言動には厳しい統制と国家権力による迫害処罰が行われるため、一般の国民が声を挙げることなどは到底無理な時代だったのです。全体主義の世の中は現在のような有り余る自由を手にしている世の中とは異次元の世界であり、とても比較にならない厳しい環境を強いられた時代なのです。

現在はまだ形の上では民主主義の時代であり、人々はどんなことでも自由にものを言ったり書いたりできます。こうして政府やお偉方の批判も自由にできます。何事でもそうですが、普段何の制約もなくできることはいつしか当たり前のように思ってしまい、それがどんなに貴重なことなのか意識せずに過ぎてしまいがちです。

同じ「戦争」と言っても、
太平洋戦争は日本が自ら起こした戦争であるのに対し、私が今ここで強調したい「戦争」は「アメリカがいつか起こすであろう戦争に巻き込まれる形での戦争」です。広い意味ではもう既に「新しいタイプの戦争」であるISを筆頭とするテロ集団による攻撃に日本も巻き込まれているのです。2020年のオリンピックは果たして無事でしょうか?オリンピックはテロリストにとってはまたとない美味しい標的です。テロは攻撃する側が絶対的に有利な立場であり、いつ、どこで、どんな方法で実行するかはテロリスト側が自由に選ぶことができるのです。しかし、防御する側はいくら事前に対策を強化しても限界があり完全に防ぐことは不可能です。最近世界各地で起きているテロを見ればそのことは容易に理解できると思います。

現在進行中の日本近辺でのアメリカと北朝鮮のにらみ合いも、ちょっとしたきっかけで熱い戦いに変わる可能性は決してゼロではありません。「まさか戦争にはならないだろう」という楽観的な見方に頼りたいのは人間の心理に違いありませんが、そう言い切れないのは人間には時には理性を凌いでしまう感情という厄介なものがあるからです。

ページトップへ






 以下の項目は常時掲載します 

 
私が生きてきた時代 (戦前・戦中・戦後)

戦後70年を過ぎた今、あの戦争が日本にどのような影響をもたらし戦後の日本が戦前や戦中と比べてどう変わったかを知っているのは、実際にその時代を生きて戦争を肌で体験した私のような
80代半ばを過ぎた人間だけになってしまいました。敗戦を境にそれまでの國のシステムの大半が占領軍の命令によって強制的に変更され、それまでの日本に存在したものは根こそぎ捨て去られたのです。敗戦後の混乱の中では、捨て去るべきものと残しておくべきものを取捨選択する余裕など、最低限必要な食料さえ手に入れるのが容易ではない厳しい日々を生き延びるのに精一杯の当時の人々にはとてもなかったのでやむを得ないことだったかも知れませんが、その結果、それまでの(一般の)日本人の生き方の全てが否定され、自然との調和を大切につつましく生きる中で育まれてきた多くの美点までも、そのほとんどが価値いかんにかかわらずエイッとばかり惜しげもなく捨て去られてしまったのです。そして、私の目には必ずしももろ手を挙げて歓迎できるとは思えないモノカネ第一のアメリカ風の生き方をひたすら追い求めることが、多くの日本人の目標とされるようになってしまいました。

戦前の日本は軍備に国家予算の過半を費やして世界の列強に伍することを最大の目標としていました。そのため、一般国民の生活水準は特権階級を含む豊かな一部の人々を除けば決して高くはなく、文明国の中ではどちらかと言えば低い方に属していたように思います。当時の世界で図抜けて豊かだったアメリカと比較すれば文字通り天地の差と言っても過言ではありません。明治維新までの長い鎖国で後れを取った欧米各国に追いつこうと焦った日本は、以後の
國造りの基本を天皇を中心とする「忠君愛国」を精神的支柱とした「富国強兵」政策に求めました。そうした最終段階で、政治への影響力を強めたのち遂に政権を手にした軍部(特に国際事情に疎い陸軍)が、バランス感覚を失って暴走したあげくあの無謀な戦争に突入した時期に、ちょうど私の一度きりの人生が重なってしまったのです。多少の浮き沈みはあっても普通に考えられる生活を送ってこられた戦後生まれの人々に理解してもらうのはかなり難しいことですが、一度きりしかない貴重な人生をこうして根底から覆されてしまった私は、プロフィルにもある通りこのような国家の手になる重大犯罪に対する怒りが収まらず、ずっとその思いを胸にたぎらせて現在までの日々を送ってきたとさえ言えるのです。

戦禍で都市は至る所が廃墟と化し美しい山野に覆われていた日本が見る影もなくなってしまったのち、生活苦に喘ぎながら懸命に働いて復興に汗を流したのは私たちの世代ですが、このことは今ではほぼ完全に忘れられています。高度経済成長の立役者となったいわゆる団塊の世代が活躍できるための基礎工事をしたのが私たちの世代であるのにもかかわらず、ほとんど評価されないという空しい立場なのです。例の竹中氏などは絶えず「高齢者の増加が高額の医療費や年金など社会保障費を押し上げて国の経済を圧迫し、現役世代や若年層に大きな負担をかけている」と私たちの世代を標的に攻撃(口撃)55年体制下で繰り返されたその場凌ぎのばらまきや箱物行政など、未来への予見を欠いた選挙目当ての政治が本当の原因であることへの責任には全く言及しなかったのです。昨今大きな問題になっている少子化も、そしてもちろん高齢化もとうに予想できた筈なのに、長期の対策をきちんと立てずに、ひたすら自分たちの内輪もめや金脈探しにうつつを抜かしてきたのが自民党でした。こうしてstatesman (本物の政治家)ならぬ politician (党利党略に長け私利私欲を追求する政治屋)は、自分たちの政治の失敗を世代間の対立という構図に見事なまでに転嫁してしまいました。彼らの本心を推測すれば、私たちのような国の経済に貢献せずやたらカネを食う厄介者は、絶滅危惧種とは正反対の「絶滅期待種」なのでしょう。このように長年働いて社会を支えてきた人間を粗末に扱う「恩知らず社会」と化してしまったのはとても悲しいことです。

ページトップへ


私のホームページ作り
 ホームページを作ったきっかけと、その後の経過

私がこの
ホームページを作ろうと思ったきっかけは若い友人の何気ない一言でした。私は1994年頃から旅行プランを自力で作るのが当たり前になっていましたが、あるとき偶然スイス旅行の細密なプランを彼女に見せたのです。そのときに彼女が口にしたのが「このようなプランの立て方は滅多にないので、もっと大勢の人々にも知ってもらう方がいいですね?」という言葉だったのです。そのときはさほど気にも留めなかったのですが何年かののちに突然これが頭に浮かび、そのためにはどうしたらいいかを考えるようになりました。

そこで思い付いたのがホームページですが、旅行プランだけではあまり意味がないので、いっそ旅行写真を公開しようということになりました。以前から写真だけはきちんと整理してあったので、何とかできそうに思えたのです。ただ、
このとき既に72歳で、本式にプログラム言語などを身につけてからサイトを作るのではあまりにも遅くなってしまいます。

幸運なことに、この頃ちょうどホームページビルダーが発売され、「よし、ひとつこれを使ってホームページを作ってみよう」ということになりました。
「何でも他人に頼らず自力で・・・ 」が私の流儀でもあり、マニュアルと首っ引きでページ作りに励みました。その甲斐あって、200416日に初めてのサイトをアップすることができたのです。ほんの15枚のサムネイル画像でとてもお話しにもなりませんが、自分の作ったページがインターネットに載り、それを大げさに言えば全世界の人々が見ることができるという事実には正直興奮を覚えました。

回を重ねるごとにサイトを構成するページが増え、掲載する内容も海外旅行の写真だけだったのが国内旅行の写真も加えるなど、ホームページビルダーへの慣れもあって順調にサイトの充実を進めてきました。途中でしばらくの間外国人向けに英語ページも作ったのですが、これは失敗でした。諸外国からの怪しげなメールが激増したのです。結局、
未練はあったものの英語ページは年間ほどで閉じてしまいました。

お気づきでしょうが、
私のサイトにはCMが全くありません。あるのは検索サイトと素材等でお世話になっているサイトのバナーだけです。山、旅、鉄道、写真をメインに作ってあるのが私のサイトなので、その雰囲気を壊してしまうCMは絶対に入れたくないのです。私のCM嫌いは昔からのものですがとにかく徹底しているのです。今では番組の前後に限らず途中でものべつ入るのが当たり前になっているTVコマーシャルは、一つの番組を通してきちんと見せる本来の使命に背くものだと思っています。保存したい番組の場合は一旦録画しておいてCMを削除してからDVDにコピーしておきます。

少し脇道にそれてしまいましたが、こうして作られた私のサイトには普通のサイトとは違う点がいくつかあります。先ず、
更新回数が非常に多いことです。2004月にホームページを立ち上げてから2007年末まではヶ月半毎、2008年から2015月までは毎月日に更新してきました。トップページにも書いてありますが、数千枚の写真を一度には掲載できないので、数回(現在は回)に分けて掲載するからです。プロバイダーが変わってディスク容量が大幅に拡大し一度に掲載できる写真の枚数が飛躍的に多くなったため、閲覧期間を延ばす必要からヶ月毎の更新にしました。これまでの百数十回にのぼる更新の都度、少しでも良いサイトにできないかをいつも意識して改善に意を尽くしてきた結果、何とか見られるものになったのではないかと思っています。私にとってホームページの運営は今では生き甲斐の一つにもなっているので、「頭の上にリングが浮かぶ」まではこのサイトを少しでもよいものにしていく努力を続けていくつもりでいます。

一部のページを除けば、各ページの左端に並ぶミニ画像(親指の爪文字通りのサムネイル)一度のクリックで拡大画像
(600×450 or 450×600 pix)が見られるようにしてあります。このことは同時に写真を用意する手間が普通の場合の倍になることを意味しますが、因果なことに私はこの種の細かい作業は一向に苦にはならない変わり者なのです。

BGMとして使用している曲は、有名な名画「サウンド・オブ・ミュージック」の中でナチスに抵抗するトラップ大佐が、ナチスドイツに併合される祖国オーストリアの悲運を想いそのシンボルとして歌っている「エーデルワイス」です。日本でも早池峰山などに同種のウスユキ草が咲いていますが、ヨーロッパアルプスの雰囲気が何よりも好きな私にとって、それを身近に感じさせてくれるエーデルワイスの花を讃えるこの曲はBGMとしては願ってもないものなのです。
 
  多くのサイトに接して気付いたこと

色々なサイトを閲覧すると参考になる点も多くあることは確かです。その反面、必ずしも見やすく構成されているとは言えないサイトもあります。また、
CMだらけで主題が何かが分からない状態になっているものもあります。突然にサイトが見られなくなることもありますが、このようなときは、URLが変更になったのか、それとも管理者がサイトを閉じたのか分かりません。

私がずっと利用してきた
OCNPageON(ホームページ掲載サービス)が2015月で終了になるため、プロバイダーをBizメール&ウェブに変更した結果、当然のこととして私のサイトのURLが変わりました。そこで、検索サイトと相互リンク先へその旨を連絡したのです。検索サイトのYahooはすぐにURLを変更してくれました。ところが、相互リンク先については様々な問題が見えてきたのです。

URLの書き換え依頼メール(メールがないサイトには掲示板で)は、月上旬にそれまで相互リンクを結んでいた68サイトに送りました。しかし、それからのヶ月間に書き換えてもらえたのは24サイトだけです。現役の人々の多忙さももちろん大きな理由だと思いますが、他にも見えてきたことがあります。一つは更新回数が少なくメール(掲示板も)に目を通す機会がない場合です。中には最後の更新が年以上も前のままのサイトもありました。また、メールアドレスが変わったのか連絡のしようがないサイトもいくつかあり、この場合は諦めるしかありません。リンク集があるはずなのにクリックしても表示されないサイトや、とてもきちんと作られたサイトなのに「リンク集」と書いてありながらそこへのリンクがされていないサイトもありました。

これらの現象の底流になっているのではと思われるのは、
「自分の作ったサイトに対する関心(注意)」が薄れているのではないかということです。どんなに簡単なサイトでも、一旦インターネットに上げればそれを不特定多数の人々が見る訳でいつも責任を持てる状態に保つことが大切だと思うのですが、間違っているでしょうか?今やスマホ全盛の時代になり人々の関心がそちらに移っているようにも見えますが、パソコンにはそれなりの長所もあるのです。自分のサイトには責任を持ちたいものだと思います。
 
 
ページトップへ


 人生の終末期を迎えて 私の実践

今でこそ終活という言葉が一般的になり人生最後のまとめに目を向ける人々も徐々に増えてはいますが、私の場合はずっと早くからそのことに気付き少しずつ準備を進めていました。ただ単に年をとり弱って気力も体力もなくなって消えていくのではやりきれないという気持ちもあって、男性の平均余命である80歳に近づいた2007年頃から現実に終末期にある一人の人間としての活動を始めたのです。以下、順を追って私の実践を紹介します。
 
 墓地関係の処理
 
核家族化が進んでいる最近は墓地をどうするかも大きな問題になっています。私の場合はずっと市営霊園(永年使用)を借りていたのですが、思い切って2010年に駅近くの納骨堂を借りることにしました。家名の代わりに梓川河畔からの穗連峰の風景と大自然に身をゆだねる趣旨の詩を刻んでもらいました。伝統的な墓石のデザインへの抵抗感の他に、将来子や孫にも使えるようにという意味もあったのです。

 自分史作成のための資料収集
  
メディアが一挙手一投足を夢中になって取り上げる有名人ではなくても、
一人の人間が数十年を生きて過ごすことはそれなりに意味があることです。一生の間には様々な出来事がありそれぞれに対する喜怒哀楽の思いがあります。それらを自分なりにまとめてみたいと思い立ったのが自分史作りへのきっかけで、2009年頃から構想を練り始めました。

まず最初に取りかかったのは、自分自身や家族の写真を探して整理することでした。戦争に伴う疎開やら何回も経験した引越しなどで子どもの頃の写真は数える程しかなく、奇跡的に残っていた誕生直後の写真以外はごく限られた時期のものだけでした。それでも、それら
何十年も昔の色あせた古い写真をスキャナーで取り込み編集ソフトで加工すると、何とか見られるようになったのはとても嬉しいことでした。

次に手がけたのは、少年の頃を過ごした東京の街を歩き回ってゆかりの場所(旧住所や小学校、通学路、遊び場、父の勤務先など)を訪れてそれらの現在の姿をカメラに収めること、そして同じように疎開時に過ごした田舎のあばら屋や小学校、(旧制)中学校とそれぞれへの通学路の現在の姿などを撮影して、数十年前と比較できるようにすることでした。どちらの場合も、歩きながら遠い過去の出来事や情景などを思い起こすことが多く、懐かしい子ども時代に帰ったような気分に襲われることも少なくありませんでした。

また、各種の賞状や修業証書、卒業証書、通知表、旧制高等学校の受験票など残っているものは全て探し出してスキャンし自分史を書くための資料として使えるようにしました。更に、退職後に学んだ大学の単位修得状況一覧表と卒業証書・学位記、英語検定の合格証書、
TOEICの成績表、健康診断・血液検査のデータ一覧表(自作)など、学業関係と健康管理関係の全ての資料もスキャンしました。

国内、海外の旅行やハイキング、町歩き関係の写真や関連資料はその都度パソコンに取り込み編集してあるため、ほとんどはそのまま利用できるようになっていました。
 
 自分史「ハイマツの記憶」の編集と印刷、製本
 
自分史を作る場合普通は原稿を作ってからは全て業者に任せることが多いようですが、それでは自分の思い描く通りのものには必ずしもなりません。そこで、
写真や図表も含めて全てを自力で入力して編集し、更に印刷も使い慣れた自分のプリンターを使って行いました。こうすることで、写真や図表の配置も含めてページ毎の体裁を自分の好みに合わせることができますし、ページ替えも不自然にならないようきれいにできます。手間がかかり大変であることは確かですが、自分が描いたイメージで思い通りの印刷物が出来上がります。ただ、製本だけは業者にお願いしました。120ページほどになったので自分で製本するのは無理があり、わざわざ大きなホチキスを買っても他には使い道がなく無駄になってしまうからです。

原稿の作成には
ヶ月ほどかかりました。純粋理系の私のことで文章力には全く自信がなく、文章の吟味や推敲にはかなりの時間をかけました。難しかったのはやはりページ替えで、写真や図表と文章との位置関係、文の内容の切れ目などに気を配りながら無理なく自然な流れになるようにしなければなりません。もちろん、誤字や脱字にも目を光らせますが、ページ替えに関連して内容を変えずに表現を工夫し伸ばしたり縮めたりしてうまくページに収まるようにするのは中々難しいものです。

私の場合、自分史はどちらかというと娘たちよりも孫たちに読んでもらうつもりで書きました。戦争を全く知らず生まれながらにして物の溢れる時代に生きてきた孫たちに、
戦争というものがどれだけ人々を苦しめたった一度の人生を破壊する理不尽なものであるかは、実際に経験した私などの世代が是非伝えなければならないと思うのです。

因みに、自分史のタイトルは散々迷った末「ハイマツの記憶」としました。ハイマツは日本アルプスの
2500m以上の高所で、強風や豪雪に耐えて生息する強靱な植物で、このような自然環境のため人里離れた高山の斜面や稜線にへばりついてじっと耐えている植物です。その姿に人混みを避けて静寂を求める私の習性や戦前、戦中、戦後のつの時代を生き抜く間に様々な困難をくぐり抜けてきた私の人生との共通点を見いだせるように感じたのです。

内容は前編と後編に分けてありますが、それぞれの項目は次のようにしました。

「前編」 =激動の時代の波に翻弄された人生を振り返って=
   @系譜(簡単な家系図)   A先祖と家族、親類縁者のこと   B 戦前と戦後の学校制度の比較
   Cこの世に生を受けてから東京を去るまで    D不本意な田舎暮らしの始まりから小学校卒業まで 
   E旧制中学校入学から日本の敗戦まで    F日本の敗戦から中学校卒業まで 
   G中学校卒業直前の悲劇(父の死)      H小学校から中学校までの学業関係の証書等 
   I○○○○世界に生きた42年 ← (在職中の記録)

「後編」 =退職後の生活を充実させた活動を振り返って=
   J人間らしく生きるための健康管理   K学問の世界への回帰・放送大学   L英会話能力の強化
   M科学技術の成果の活用       N音と映像の世界(音楽への傾倒、映像メディアの活用) 
   O自然との対話を求めて(登山、トレッキング、ハイキング) 
   P〜S退職後の旅(日帰りのハイキングと軽登山、日帰りの町歩き、泊まりがけの国内旅行、海外旅行)

Bは、特に
「中学校」と「高等学校」が、戦前戦中と戦後では名称が同じでも年限や中身が全く異なるので、混同して受け取らないように設けました。また、O〜Sは、現在のホームページに掲載している画像からそのごく一部を抜粋したものです。

こうして出来上がった「ハイマツの記憶」は、今はまだ孫たち(高
,高,小)には時間がなかったり読むのが難しかったりでしょうが、やがては少しずつでも理解してもらえることを期待しています。

また、これとは別に
「別冊」(全16ページ)として、戦争に関わる世の中の実態と変化を一覧表にまとめて孫たちに与えてあります。戦前から戦後に至る激動の数十年間を「太平洋戦争の開戦まで」「太平洋戦争中」「敗戦直後の数年間」「平和条約締結後」とつに分けて、それぞれの時期の日本社会の姿を背景とともに比較できるようにしました。今ではもう孫たちに歴史を教える先生方も戦前から戦後への実際の姿は知らず、単なる表面的な知識の伝授になりがちではないかと考えたのが、この別冊を作った目的です。

前書きとして、「私が生きてきた時代」「戦争、愚かな人類のやめられない愚行」「太平洋戦争に関して」「全体主義と個人主義」「歴史認識についての尽きない疑問」をまとめ、そのあとに上記の
つの時代の比較を「国の体制と政治状況」「産業と経済の状況」「軍備と戦争の状況」「一般国民の暮らしの状況」「家庭・家族と地域社会の状況」「子ども社会の状況」「子どもの教育環境」「モラルと治安の状況」のそれぞれの観点からできるように、実際に見たり聞いたりした具体的な事実とそれに対する私の思いを加えて箇条書きで示しました。
     
 「終着駅への道しるべ(あとに残る者のための備忘録)」の作成
 
いまなお死に関する話題に触れるのを嫌う人が多いのは事実ですが、私には全くそのような気持ちがありません。人間にとって死は避けることのできないことであるので、財産の有無にかかわらず生きている間、それも元気なうちに、あとに残る者たちが困ることのないよう周到な準備をしておく必要があると思い、「終着駅への道しるべ」と題する冊子を作りました。2007年に最初の冊子を作り、以後は変更箇所があるたびにその部分を修正する改訂を行ってきました。

内容は、土地家屋の権利証はもちろん、年金関係、健康保険関係、民間の生命保険や損害保険、預金関係、その他の重要書類のそれぞれについて、種別や番号、取り扱い会社や代理店など連絡先、その他のデータの詳細を記入してあります。それらの書類等の所在もはっきり分かるように書き添えておきました。 常時身に付けているもの、非常持ち出しリュックに入れてあるものなどに分けてあります。

「遺言書、尊厳死宣言書」の作成 
 
財産と言えるほどのものはない一庶民ですが、一応遺言書を作りました。自筆で形式を守り日付や押印のほかどんな点に注意すべきかを調べてから書きました。

今の時代、かなり大切になるのは尊厳死宣言書だと思います。たとえ植物状態になっても積極的な手段で患者を死に導くことが医師には許されていない以上、何らかの形で本人の意志が明確に示されていることが必要です。私の従妹の中にも、姉が脳梗塞からやがて植物状態になってもそのまま入院を続けさせるほかなく、点滴等で栄養だけは補給されるため本人には全く意識がない状態にもかかわらず年間生き延びた例があります。このような姿が果たして人間の尊厳を維持していると言えるのかどうか非常に疑問を感じます。また、医学の進歩とはこのようなことのためにあるのかどうかも・・・。

そこで私は、正式な書式を調べた上で尊厳死宣言書を作りました。強調点は簡単に述べると次の
つです。
    @私が病で重篤な状態になり回復の見込みが全くない場合は、単なる生命維持のための治療はせず苦痛を軽減するための処置のみにとどめること。
    A私が植物状態に陥ったときは速やかに生命維持装置を取り外すこと。

本人の意志がこうして明確に示されていれば、残された者たちも(そして医師たちも)決断がしやすくなるでしょう。

「 死後に必要な処理事項とその手続き」の作成
 
一人の人間が亡くなったあとその人に関わる様々な事項の処理をどのようにするかは残された者にとっては決して簡単ではありません。「夫が亡くなったが、何がどこにあるか全く分からなくて困っている」というような話はよく聞きます。そうしたことのないよう、
何をどんな順序で行わなければならないか、その際はいつまでにどんな手続きをどこでするのかなどをできるだけ具体的に細かく示しておくことが必要です。私の場合は次のような内容になりました。

先ず預金の引き出しと葬儀社への連絡 、死亡届の提出、関係者への死亡通知、年金支給機関(元勤務先関係と厚生労働省年金局)への死亡届け出、口座からの自動引き落としの停止届け出(私の場合はインターネット関係とスマホ関係、保険関係)などが緊急を要するものでした。あとはさほどの緊急性がないもので、死亡保険金の請求、公的証明書等の処理、土地家屋の名義変更などです。

「死後の処置に関する希望」の作成 
 
私自身としては当初は医学の進歩に貢献するよう献体を考えていましたが、色々と調べた結果不適当なことが判明して断念せざるを得なくなりました。しかし、死後の処置についてはいくつかのこだわりがあり、それを文書の形にして残すことにしたのです。内容は、基本的な考え方と具体的な手順やそれに伴う諸々の事柄になります。

まず、
基本的に無宗教の立場に立つことが最も強い希望です。今やほぼ完全に”葬式仏教”と化したことへの反発から、仏教に関係することは極力避けることを特に強調しました。葬儀はできるだけ簡素に内輪で行って会葬も香典のたぐいも一切辞退し、知人にはあとから葉書で知らせることにしてあります。

具体的な手順は時系列で示しましたが、それを作る前に
数回は葬祭業者と打ち合わせて細かい部分まで確認を済ませてあります。当の本人が細部にわたって質問するのに先方は当惑していましたが、私にとっては何の不思議もない至極当然のことなのです。死は不吉なことではなく全ての人間の終着駅なのですから。

打ち合わせで確認したのは、祭壇の種類、霊柩車の車種をはじめとして骨壺のような細々とした物品の選択、式場設営の形、式次第(流れと担当者、内容)等で、
全て私自身が考えたプランを示して業者の了解を得たのです。BGMも私が作ることにしてあります。

位牌は作らず写真を飾ればよいと思います。また、仏教でよくある追悼行事は一切望まず、適当な日に集まって食事会でもする方が有意義だというのが私の考えです。

最後に遺品の処理についての希望を書きました。機器類や様々な資料、書籍等の中には十分役立つ物が少なくないので、無駄にならないようにということに尽きます。 


こうして
最近やっと話題になってきた「終活」を終えてみると何かをやり残した感じがなくなったような気がします
「これからはいよいよ本当の老後だ」という気持ちになり、何ものにも縛られず安心して自由に行動できます。 

ページトップへ


 メールコーナー
 サイト全般、独り言の内容等へのご質問、ご意見、その他の連絡事項等は、下記のアドレス宛にメールをしてください。ご面倒でしょうが、スパムメール防止のためアドレスを書き換えてからお願いします。

                alpen-edelweiss(この部分に@)gaea.ocn.ne.jp
ページトップへ