今まで様々な出来事についての私見を述べてきた「無名人の独り言」のページは、今回取りやめます


     

  Series 143

            (2004.3.16〜)

   
 
    
 サイトの閉鎖についてのお知らせ

このサイトは、それぞれの旅の行程に合わせて写真を並べ、実際に旅をしているような疑似体験を僅かでもしてもらえたらという意図から作成したもので、コンピューターを初歩から自力で学んだ私が乏しい知識を元に作り上げた、一風変わった方法で構成された写真が主役の「写真旅行記」です。

2004年にこのサイトを立ち上げて以来更新の都度改善を重ねてきましたが、HP掲載のサービスを提供してきたプロバイダーが12月末でサービスを終了することになりました。私自身が90歳を迎えることでもあり、未練はあるものの12月15日でサイトを閉じることにします。それでも、開設以来15ヶ月にわたるHPの運営は、私にとっての貴重な経験と言うことができます。多少なりとも楽しんで頂いた方々には申し訳ありませんが、このような事情のためご理解をお願いします。
          
                          


最終更新日   2019. 9.  1   次回更新予定日   2019. 11 . 1 (最終版)    


 今回の掲載内容
  海外の国々への旅  ニュージーランド南北二島の旅 (1990)
     クイーンズタウン、ミルフォードサウンド、マウントクック、クライストチャーチ、ロトルア、ワイトモ、オークランド
 ニュージーランド再訪・南島絶景の旅 
(1996)
     
1990年とほぼ同様(南島のみ)
 鉄道で巡るスイスの旅 (2001) 
     アンデルマット、フィーシュ、サースフェー、エモッソン湖、モントルー、パノラマ急行、グリンデルワルト 他
 地球の裏側からカリフォルニアへの旅
 (1980)
     ロスアンゼルス、モンテヴィデオ、リマ、トルヒーヨ、ヨセミテ、サンフランシスコ
 ヨーロッパ初上陸の旅 
(1984) 
     ウイーン、ザルツブルク、インスブルック、サンモリッツ、グリンデルワルト、ルツェルン 
  北海道・東北への旅  津軽海峡を初めて渡る旅     青森、八甲田山、函館、大沼と駒ヶ岳
 カシオペアで北海道を訪ねる旅 
大雪山麓層雲峡、稚内(宗谷岬 他)
 北東北の世界遺産と津軽半島の山や町を歩く旅
    
                  平泉、五能線、十二湖、金木、五所川原、弘前、岩木山、青森
 南東北の山を歩く旅    
   吾妻小富士、西吾妻山      
   関東・中部への旅  北陸の城下町と日本海の奇勝を訪ねる旅  東尋坊、金沢、富山港
 信州の山と町を歩く旅               高遠、木曽駒ヶ岳、松本
 南アルプス山麓の絶景を訪ねる旅       大井川鉄道沿線、寸又峡
 不気味な山上湖を訪ねる旅           草津、草津白根山
 姨捨と飯田線、信州縦断の旅         姨捨、飯田線、天龍峡
 奥秩父の渓谷と富士山麓の滝を訪ねる旅  西沢渓谷、白糸の滝
  近畿以西の旅  西日本出会いと再発見の旅          徳山、新見、鳥取、神戸、大阪、京都(鞍馬、貴船) 
  日帰りのハイキング
        
 北八ヶ岳・横岳、奥日光戦場ヶ原、霧降高原、鬼怒川竜王峡、奥高尾山稜、小仏城山、乙女峠と金時山、御岳昇仙峡
 塩原渓谷、奥多摩・御岳渓谷、河口湖 他
 
  日帰りの町歩き   横浜W(スカイウオークと三渓園)、小諸、日光、烏山、熱海(梅祭り)、大都会の寸景  
  8mmフィルムから
     の再生写真
 
 北アルプス表銀座縦走、立山連峰縦走(第1回)、白馬連峰縦走、 穂高連峰縦走  

掲載写真からの抜粋

海外の国々への旅
 
険しい山が囲むミルフォードサウンド 青い山脈を背にする、ハーミテイジ ペルー北部、葦造りの漁船トトーラ 高い岩壁に囲まれたラウター谷
国内の泊まりがけの旅
 
北海道・東北 
義経主従の木像を祀る平泉弁慶堂 特急カシオペアの牽引機EF510 岩木山鳳鳴ヒュッテ付近から雲海 早朝の宗谷岬、日本最北端の碑
関東・中部
千畳敷剣ヶ池付近から仰ぐ宝剣岳 兼六園、霞ヶ池に浮かぶ蓬莱島 1876年に建築された旧開智学校 眼下の大井川鉄道井川線の鉄橋
近畿以西               
天然石の外壁が特徴的なうろこの館    起伏に富む鳥取砂丘、馬の背付近   大国主命を祀る、鞍馬の由岐神社   鞍馬越え頂上付近の木の根道
 日帰りの旅               
 北八ッ横岳北峰から見る蓼科山   小諸、岩壁に張り付く布引観音堂    河口湖畔広瀬付近の見事な紅葉   横浜三渓園、大池に浮かぶ涵花亭





Copyright (c) Tatsuo Namiki All Rights Reserved